学部・大学院

研究室紹介

植物保全学研究室

植物保全学研究室

絶滅に向かう野生植物を守り、植物多様性の保全・維持・復元に貢献する。このことをテーマに本研究室では最新の研究手法を駆使。遺伝子~景観の各レベルで野生植物の現状、生態、環境応答などの研究を展開しています。

植物保全学研究室(農学部ウェブサイト)

環境動物学研究室

環境動物学研究室

陸地から海洋までの幅広い自然環境をフィールドにして、そこに生息するさまざまな野生動物の生態・行動・生理の解明を通して、生物多様性をいかに保全していくべきかの研究に取り組んでいます。

環境動物学研究室(農学部ウェブサイト)

環境分析化学研究室

環境分析化学研究室

大気、土壌、水といった身の回りの環境中に存在する有害化学物質をさまざまな機器を用いて分析・評価しています。また、バイオマスを有効利用した環境低負荷型材料の新規創製を行っています。

環境分析化学研究室(農学部ウェブサイト)

環境土壌学研究室

環境土壌学研究室

環境負荷の軽減に配慮した農業技術の開発に資するため、土壌および作物における養分元素、重金属、農薬の動態を明らかにし、また、植物共生微生物を活用することを指向した研究を行っています。

環境土壌学研究室(農学部ウェブサイト)

植物機能科学研究室

植物機能科学研究室

植物は、強光、高温、乾燥などさまざまな環境にさらされながら、その生活環を全うしています。本研究室では、そうした植物の環境ストレスに対する適応機構を生理・生化学的に解析しています。

植物機能科学研究室(農学部ウェブサイト)

環境微生物学研究室

環境微生物学研究室

「貴方も環境微生物学研究室で夢の扉を開いてみませんか? 」われわれは、「微生物が創る夢の世界」の実現をめざし、微生物が持つ力を借りて、さまざまな環境問題を科学的に解決する研究を行っています。

環境微生物学研究室(農学部ウェブサイト)

ランドスケープ・デザイン学研究室

ランドスケープ・デザイン学研究室

ランドスケープ・デザイン学の研究対象は庭園から都市緑地、都市周辺の里山あるいは地球環境まで、その関連分野は拡大しつつあります。その目的は人の生活する外空間をよりよいものにすることにあります。

ランドスケープ・デザイン学研究室(農学部ウェブサイト)

天白キャンパス

天白キャンパス

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口
一丁目501番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

八事キャンパス

八事キャンパス

〒468-8503
名古屋市天白区八事山
150番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

ナゴヤドーム前キャンパス

ナゴヤドーム前キャンパス

〒461-8534
名古屋市東区矢田南
四丁目102番9
TEL:052-832-1151(代)

公式サイト

科学技術創生館

科学技術創生館

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口
二丁目1522番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

春日井(鷹来)キャンパス附属農場

春日井(鷹来)キャンパス附属農場

〒486-0804
春日井市鷹来町字菱ケ池
4311番2
TEL:0568-81-2169

交通アクセス

日進総合グラウンド

日進総合グラウンド

〒470-0102
日進市藤島町長塚75番地
TEL:0561-73-0810

交通アクセス

附属高等学校

附属高等学校

〒453-0031
名古屋市中村区新富町
一丁目3番16
TEL:052-481-7436(代)

公式サイト

| 統合ポータルサイト |  プライバシーポリシー |  サイトポリシー |  サイトマップ |

Copyright © 2013. Meijo University, All Rights Reserved.