学部・大学院

学部長メッセージ

  • 学部長 磯前 秀二
  • 学部長
    小原 章裕

名城大学農学部は最先端の教育・研究活動を通して21世紀前半の最大のテーマ「生命・食料・環境・エネルギー」に取り組んでいます。

 20世紀における高度工業社会化の波は、物質文明という意味では社会に大きな進歩をもたらしました。しかし、20世紀後半以降その負の側面として、地球規模での気候変動が原因の飢饉による食料不足、食の安全・安心にかかわる問題、環境問題、エネルギー問題等々人類の存続そのものにかかわる数多くの難問が噴出してきました。これらの問題を解決することが、人類にとって最も重要な課題となっています。これらの「生命・食料・環境・エネルギー」にかかわる諸問題の解決策を探ることおよびそのための人材を養成することこそ、本学部が開設以来今日まで追究し続けてきたことです。

 本学部は昭和25年(1950年)に開設され、平成32年(2020年)に70周年を迎える県下で最も伝統ある農学系学部で、現在約2万人の卒業生を輩出し、東海地区だけでなく全国各地で幅広く活躍しています。名城大学の立学の精神「穏健中正で実行力に富み、国家、社会の信頼に値する人材を育成する」という実学教育の精神を基にした本学部の人材養成の目的は、「農学部は、生命科学、食料・健康科学、環境科学を基盤とした幅広い専門的学識を有し、洞察力、創造力および実践力を備え、社会に貢献できる人材の養成を目的とする。」を掲げ、教職員一丸となって教育・研究活動に邁進しています。開設当時は現在の附属農場がある春日井キャンパスの地に農学部農学科のみでしたが、現在は生物資源学科、応用生物化学科、生物環境科学科の三学科および附属農場、大学院農学研究科にまで教育組織も充実してきました。平成29年度から3学科それぞれの定員を110名に増員し、大学院農学研究科と合わせると学生総数約1,400名の規模になります。平成28年4月に老朽化が甚だしかった附属農場本館より、フィールドサイエンス研究室及び食品加工実習室が同じ春日井キャンパスに完成した「教育研究館」に移設し、いずれのキャンパスでも最新の施設、最高の環境で学修・研究ができる規模・レベルにまで成長しました。

 現代社会が直面する諸問題に積極的に取り組むことのできる人材を養成するために、それぞれの学科において、「生物資源の有効利用と安定的な生物生産」、「生命現象と食品機能の解明と応用」、「生物と人と自然との調和がとれた環境の創出」について、教員相互に連携を取り合って最先端の研究成果を踏まえた基礎からの教育を行っています。平成29年4月から、学部全体だけでなくそれぞれの学科においても人材養成目的、学位授与方針および教育課程編成方針を策定し、各学科のカリキュラムにおける個々の科目の位置付けや関連性が分かり易くなるよう整理と整備を行いました。本学部の教育の特徴は、講義で得られた理論や知識を更に理解するために実験・実習や演習に力を入れていることにあります。最新設備の整った学生実験室での実験以外にも、現場を知るための附属農場での生産実習や食品加工実習、各地に出向いての実地調査・体験学習・施設見学などを行っています。また農学教育の対象分野がどんどん広がっていく下で、現行の教員スタッフで全てに対応するのは限りがあるため、これをカバーするために他県の国立大学法人との単位互換制度の協定や、国、県や市レベルの農業関連の機関や施設との教育・研究に関する連携協定を締結し、これら協定を基にして充実した教育体制を構築して時代の要望に沿った高度な教育を推進しています。
 更に社会からの要望もあり、教育・研究の高度化を進めています。平成31年度4月の開始を目指して、大学院博士前期課程、後期課程についても時代の最先端の学説や技術を取り入れたカリキュラムの改変に着手しています。
 本学部・研究科の教育は、学生生活全般を通して講義や実験・実習などの教育研究の場だけでなく、学生・教員の交流会、スポーツ大会、田植祭や収穫祭を通して学生と教員の双方向でのコミュニケーションを図り、人間的なふれ合いも大切にして、与えられた環境の下でリーダーとして種々の問題を解決できる人材の育成を視野に入れています。

 また本学部の行っている多くの研究テーマが、科学研究費や省庁からの公募型大型研究費に採択されていることからも研究レベルの高さは分かります。最近では、文部科学省支援大型プロジェクト「私立大学等改革総合支援事業」や「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」などにも採択され、実験設備面も更に充実し教育研究環境は一新しました。一例として大学院生だけでなく学部学生も農学関連の種々の学会において、学会賞やベストプレゼンテーション賞を受賞する機会が増えています。この恵まれた施設・環境で本学部最終学年における必修科目『卒業研究』、大学院農学研究科の課程における『修士論文研究』や『博士論文研究』において、指導教員からマン・ツー・マンのきめ細かい教育がなされ、社会で即戦力として活躍できる人材へと育成しています。

 本学部は、学生の成長を追究しつつ、教育と研究の両面において国家・社会への貢献をめざしてまいります。

天白キャンパス

天白キャンパス

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口
一丁目501番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

八事キャンパス

八事キャンパス

〒468-8503
名古屋市天白区八事山
150番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

ナゴヤドーム前キャンパス

ナゴヤドーム前キャンパス

〒461-8534
名古屋市東区矢田南
四丁目102番9
TEL:052-832-1151(代)

公式サイト

科学技術創生館

科学技術創生館

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口
二丁目1522番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

春日井(鷹来)キャンパス附属農場

春日井(鷹来)キャンパス附属農場

〒486-0804
春日井市鷹来町字菱ケ池
4311番2
TEL:0568-81-2169

交通アクセス

日進総合グラウンド

日進総合グラウンド

〒470-0102
日進市藤島町長塚75番地
TEL:0561-73-0810

交通アクセス

附属高等学校

附属高等学校

〒453-0031
名古屋市中村区新富町
一丁目3番16
TEL:052-481-7436(代)

公式サイト

| 統合ポータルサイト |  プライバシーポリシー |  サイトポリシー |  サイトマップ |

Copyright © 2013. Meijo University, All Rights Reserved.